Blog Archives

「宮城宣教ネットワーク」今後の展望

宮城宣教ネットワーク代表/塩釜聖書バプテスト教会牧師 大友幸一

3月の東北希望の祭典、東日本大震災追悼記念礼拝は祝福のうちに終えることができました。このイベントは被災地における宣教活動のスタートと見るべきでしょう。

東日本大震災はこの地に住むキリスト者と教会に、宣教の可能性を明らかにしました。農村漁村における宣教の困難さは東北の田舎においては周知のことです。その中でも異文化の中に入ったキリスト教会や伝道者は、そこでの人間関係作りにかなりの時間を使うことになります。10年、20年とかかってようやく認知されるという程度のものです。ところが、今回の大震災によって大きな被害を受けた人々は、はじめキリスト教関係の支援物資やボランティアに対して抵抗があったようですが、彼らの誠意ある支援に対して次第に心を開くようになりました。そして今では多くの人々がキリスト教を好意的に見るようになっています。震災前のキリスト教への無関心は嘘のようです。長い期間かからなければ出来なかった未信者のキリスト教への関心や信頼や好意を1年足らずで達成できたのです。

でも安心することはできません。被災地での生活が落ち着くに従って、彼らの心は震災前に戻ってしまうかもしれません。戦後のキリスト教ブームが日本の経済発展と共に去っていったように、被災地においてもキリスト教への関心が失われてしまう可能性があります。

ですから、今からが大切な時期になります。これからの一年間は伝道していかなければなりません。どんなに未信者がキリスト教に好意的であっても、救われる信仰に至ることなどありえません。罪人が信仰を持つにはみことばが語られなければなりません(ローマ10:17)。みことばを聞くチャンスを、教会やキリスト者個人が提供しなければならないのです。だからと言って押し付けではよくありません。公の場所での福音提示ではなくむしろ知恵を尽くして個人的関係の中でチャンスを見て語るのです。

ある人たちはまだその時ではないと考えているかもしれません。でも、あるところではイエス様を信じる人たちが起こっているのです。ですから宮城県内がどのような霊的状態なのかを分かち合うネットワークが必要です。もし、県内のある地域で霊的な収穫がよくなされているなら、ほかの地域でも同様な刈り入れを期待することができます。私たちはあまりにも不毛な地域で伝道してきたので、そのトラウマが大胆な伝道を妨げてきたかもしれません。でも、ネットワークの関わりでよき情報を得ることができるなら、この時が伝道の時と悟ることができるでしょう。

ある有名な牧師がこんな話をしていたのを思い出します。サーファーは良い波を作り出すことはできない、サーファーは波を待たなければならない。良い波に乗る時、サーファーはよいサーフィンができるのです。良い波を見過ごしてはいけないのです。

今、被災地において何もかも破壊した津波ではなく、罪人を救う霊的な恵みの波がわき上がっています。この波に私たちは乗らなければなりません。もっと良い波が来るかと待つこともできるでしょう。しかし、乗り遅れたら指をくわえるだけです。そうならないようにネットワークによって霊的な波の情報を分かち合い、手をつないで伝道していかなければならないのです。